DeFi関連で出口詐欺事例か 顧客の仮想通貨を持ち逃げした疑い

DeFi関連で出口詐欺事例か 顧客の仮想通貨を持ち逃げした疑い

あわせて読みたい

DeFi関連で出口詐欺事例か 顧客の仮想通貨を持ち逃げした疑い

DeFiで出口詐欺の可能性ブロックチェーンセキュリティ企業2社が、EOSのネットワークに構築された分散型金融(DeFi)のプラットフォームについて、注意喚起を行った。対象のプラットフォームは流動性マイニングを行うことができる「EmeraldMine(EMD)」。関係者がスマートコントラクトにロックされている顧客資産を持ち逃げした可能性があり、出口詐欺の疑いがかけられている。現時点では、このプロジェクトの関係者の身元は分かっていない。ローンチ当初から悪意ある仕組みを利用するなど、DeFiシステムを悪用する事…

続きを見る(外部サイト)

仮想通貨カテゴリの最新記事