【4424】AMAZIA(電子書籍関連銘柄・巣ごもり関連銘柄)

【4424】AMAZIA(電子書籍関連銘柄・巣ごもり関連銘柄)

あわせて読みたい

【4424】AMAZIA(電子書籍関連銘柄・巣ごもり関連銘柄)

【4424】AMAZIA

(電子書籍関連銘柄・巣ごもり関連銘柄)

AMAZIAは国内最大級の電子書籍アプリ「マンガBANG!」を運営する会社だ。マンガBANG!の運営は2014年から行っており、その後タイトル数拡充の為メディアドゥと業務提携を経て、2018年12月にマザーズに上場している。

静かなるドンが無料で読めるという広告を見た事がある方も多いのではないだろうか。全体的に青年向けのラインナップとなっており、ユーザーも男性中心なのが特徴だ。一方で、女性向けのコンテンツも拡充する為に隙間時間にマンガやエンタメ情報を楽しめる「パルフェ」も抵抗。弱点を補い成長を狙っている。

先日同業のイーブックイニシアティブジャパン(3658)が決算を発表。新型コロナウイルス感染症における巣篭もり需要の恩恵を受けて好決算だった。株価も急騰し揉み合いから上場なれるキレイなチャートとなっている。同様に、AMAZIAも巣ごもり需要の恩恵を受ける可能性は非常に高いとみる。決算発表は8月11日となっており、ここで好決算が発表されれば株価の動きにも期待が持てるだろう。

チャートを見て見ると日足で揉み合い状態が続いている事がわかる。更に週足を見てみると、上値切り下げ・下値切り上げの三角持ち合いが収束している事がわかる。テクニカル的に揉み合いを離れた方向に株価は動く。決算が良いとするならば、上方向に離れる事になるだろう。万が一下離れた場合には損切りの判断がしやすいのも利点だ。安全にいくのであれば、決算後に上放れを確認してからのエントリーでも良いだろう。

いずれにせよ、このところの決算で好決算となっているものは巣ごもり関連ばかりである。今後も動向には注目しておいて損はないだろう。

 

続きを見る(外部サイト)

株式投資カテゴリの最新記事