「契約時のハンコ不要に」コロナ対策で政府が初見解

「契約時のハンコ不要に」コロナ対策で政府が初見解

あわせて読みたい

「契約時のハンコ不要に」コロナ対策で政府が初見解

日本も脱ハンコへ日本政府は19日、契約書に印鑑の押印は必ずしも必要なものではないとの見解を初めて示した。内閣府、法務省、経済産業省が連名で押印の法解釈に関するQ&A形式の文書を公表。メールの履歴や電子署名や電子認証サービスなどでも契約を証明できるとしてして周知した。Q&Aでは、押印をしないケースで法律違反にならないかや、押印なしに文書の真正を証明できるかなどを明確にした。押印をしないケースで、法律違反にならないかについては、以下のように回答した。私法上、契約は当事者の意思の合致により、成立…

続きを見る(外部サイト)

仮想通貨カテゴリの最新記事