Braveブラウザー、5ヶ国でリフェラルプログラムを中止 紹介者不正が発覚

Braveブラウザー、5ヶ国でリフェラルプログラムを中止 紹介者不正が発覚

あわせて読みたい

Braveブラウザー、5ヶ国でリフェラルプログラムを中止 紹介者不正が発覚

Braveの対策次世代ブラウザーBraveはリフェラルプログラム(紹介制度)を、中国、インドネシア、ロシア、ウクライナ、ベトナムで中止することを11日より実施した。リフェラルプログラム(紹介制度)とは、Braveを利用するクリエイターが他のユーザーをBraveブラウザーへ切り替えさせたことで、ネイティブトークンBATを報酬として受け取るものだ。今回の発表よると、過去数ヶ月に渡って上記の五ヶ国で多くの不正紹介者を検知していた。報酬となるBATの支払いが行われる前に、それらのリフェラルプログラムを停止したとい…

続きを見る(外部サイト)

仮想通貨カテゴリの最新記事