【3328】BEENOS(越境EC関連銘柄)

【3328】BEENOS(越境EC関連銘柄)

あわせて読みたい

【3328】BEENOS(越境EC関連銘柄)

【3328】BEENOS

(越境EC関連銘柄)

BEENOSはインターネットを通じ、主に個人の利用者に対して国内外を問わずモノの売買を可能にする越境EC(電子商取引)サイト運営企業だ。主な事業は輸入のリスクを利用者に意識させないよう、サイトの翻訳、為替決済、輸送や独自のカスタマーサービスなどを提供することである。
事業セグメントとしては、Eコマース事業(過去3年間平均:売上高の約95%、営業利益の約50%を構成)とインキュベーション事業(同:売上高の約5%、営業利益の約50%を構成)の2つに分かれている。

世界中にスマートフォンが広がった事で越境ECの市場規模は年々増加している。世界中で自国にはない品質のよい商品を低価格でECサイトで購入する動きが活発となり、越境ECの市場規模は2018年には約74兆円、さらに2020年には109兆円を市場になると言われている。

越境ECという言葉自体にはあまり馴染みがないかもしれないが、花王の売上が越境ECで動くというのは聞いた事がないだろうか?例えば高品質な紙おむつやミルクなどを求めて中国に通販で販売しているのだが、対日感情が悪化するとこれらの需要が落ちるというものだ。その他、中国では度々輸入規制が行われるので、記憶にある人もいるのではないだろうか。

更には、アリババやアマゾンなど地域にとどまらず世界中をまたにかける販売というのも越境ECの一つと言えるだろう。

また、同社は伊藤忠やメルカリ、デジタルガレージなど多くの企業と業務提携している事でも知られる。様々な事業領域への進出もはかっており、今後の成長も楽しみと言えるだろう。

株価は好調な中間決算を機に一気に上昇。その後は売り物に押される事なく1000円台となっている。出来高を伴った上昇のあとに株価が落ちてこないという事は、一過性の買いではなく業績を好感したしっかりした買いが入っている可能性があると見て良いだろう。短期的には10日線に沿った上昇が期待できる為、割れたら撤退と損切りの目安も立てやすく投資妙味が生きる銘柄だと思う。

続きを見る(外部サイト)

株式投資カテゴリの最新記事